« ブーケのラッピング | トップページ | オーストリーのチーズとワイン »

日本料理 じき宮ざわ

エリー会(関谷江里さんと の食事会を京都料理研究家の小宮真由ちゃん がプロデュースする会)で日本料理の「じき宮ざわ」さんに行ってきました。

四条堺町上って右側の趣のある路地の奥にあります。

看板はあるのですが手前にもう1軒お店があるので、ちょっと迷ってしまいました。

こんな感じで暖簾が掛かってます↓

Cimg2041

今回は夜の12,600円コースです。(夜はあと7,350円、10,500円があります)

Cimg2043

手前の木の盃で食前酒、「抱腹絶倒」というすごい名前です!

先付は帆立、積丹雲丹、白ずいきです。

Cimg2044

この季節にかかせない鱧の汁椀。

すごくおいしい御出汁です。

Cimg2045

鯛のお刺身は一晩寝かせたもの。

旨みが凝縮されてる気がしました。

それに藻塩をつけていただきます。(藻塩初体験)

Cimg2046

名物の焼き胡麻豆腐です。

ごまだれは塩と蜂蜜のみの配合とは思えない絶妙さ。

お土産としても購入できます。(6個入り2,980円)

Cimg2047

梶の葉で涼しさを演出されています。

昔は短冊ではなくこの葉の裏に七夕の歌を書いたそうです。

ご主人に教えていただきました。

Cimg2048

なかには鮎のお寿司が隠れてました~

Cimg2049

冷製の茶わん蒸し。

鰻が綺麗に渦巻かれてます。

Cimg2052

もうお腹的にはいっぱいでしたが、イチジクがアクセントになっておいしくいただけます。

Cimg2053

自家製お漬物が美味しいです。

特にオクラの味噌漬けが気に入りました~

Cimg2054

もう少しお待ちくださいね~

ご主人の宮澤さんはとってもイケメン!

そして最近男の子のお父さんになられました。

\(^▽^)/ ぉめでとぉ~ ございます!

Cimg2055

そして出来上がったご飯です~

本当はもっとツヤツヤです><

どの器も素敵でした。

Cimg2057

完熟マンゴーとさくらんぼ~

Cimg2050

火鉢で炙られてるのは

Cimg2059

鈴の最中でした^^

あっさり餡子です。

ご主人が丁寧にたててくださったお抹茶といただきます。

今度はグルメ仲間とお昼にお伺いしますね~(木曜お休みなのでそれ以外の曜日で)

お昼は3,680円、5,250円、7,350円のコースがあります。

|

« ブーケのラッピング | トップページ | オーストリーのチーズとワイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブーケのラッピング | トップページ | オーストリーのチーズとワイン »