« 三重 菰野(こもの)町商工会のラッピングセミナー | トップページ | 遊び心・・・風車風なラッピング »

8月の京都美味案内は日本料理とくを

四条木屋町を下がっていって仏光寺通りの手前の東側(左手)にあります。

京都 木屋町仏光寺 日本料理 とくを

お料理もご主人・女将さんも全部オススメのお店です^^

お昼もされています。

とくをさんのお料理には日本酒が合います。

一緒にいただいたのは、佐賀の「東長」と福井の「黒龍」です。ピッタリでした。

Cimg4136_2

先附は蛸の子旨煮・糸瓜とささみ胡麻和え

蛸の子!脳みそちゃうの?とか言ってたんですが、本当に蛸の子なんですね!珍しい!

糸瓜は帰りに本物を確認。大きいわ~

Cimg4138

向附は、淡路の鯛・天然本まぐろ・琵琶ます

琵琶ますは寄生虫率0%!っておっしゃっていました。そして美味!

Cimg4140

焚合せは、鱧のみぞれ煮。鱧のたいたんって初めてかも?味がからまってほっこりしました。

Cimg4142

焼物は、琵琶湖の小鮎塩焼き。この時期はどちらでも鮎ですね。

わが家でも(笑)

私は大きい鮎より小鮎が好きです。

手前のセロリのきゃら煮。

Cimg4143

酢物は白ずいき山葵酢和え。

これはこの季節にピッタリ。

Cimg4144

蒸し物は、とろとろ豚角煮(本当にとろとろすぎくらいとろとろ(笑)

冬瓜べっこうあんかけ

このお椀、全部違う絵柄で京都の名所が描かれています。

骨董品を上手に見つけてきはります。 

Cimg4145

油物はとうもろこしと枝豆のかき揚げ

Cimg4147

ご飯はじゃこしそご飯。おじゃこが細かくて口にあたらなくて食べやすいです。

デザートは特製わらび餅と白味噌シャーベット。

カウンター席と6名まで入れるお座敷があるのですが、今回私はお座敷にあがらせていただいて、ゆっくり食べ過ぎて、慌ててデザートをいただいたので画像は撮れませんでした。

一品ずつあーだこーだと勝手な事を言いながら、楽しい仲間と美味しいお料理を美味しいお酒で頂いて、ご主人のためになるお話も聞けて素敵な講座です。

関谷江里さん が講師のNHK文化センター京都教室「京都美味案内」です。

|

« 三重 菰野(こもの)町商工会のラッピングセミナー | トップページ | 遊び心・・・風車風なラッピング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三重 菰野(こもの)町商工会のラッピングセミナー | トップページ | 遊び心・・・風車風なラッピング »