« 6月のネイル | トップページ | 京都駅で高校バンドフェスティバル »

母の日ラッピング?

0606012
0606011
■NHK京都文化センター受講生の皆さまお疲れさまでした。
ラッピングコーディネーターの資格試験まで1ヶ月ちょっとになりました。
時間を見つけて練習していただきたいのですが、時間が無い方は頭の中でシュミレーションするだけでも違いますので、やってみてください(*^_^*)

■画像は「ラッピングの本に掲載されている作品を教えてください」というリクエストにお答えしました。
材料は変更していますが、この2点は北海道の「内田三紗子先生」の考案です。
花束がカーネーションっぽくなったので、母の日のディスプレイにいいかな?って・・・

赤い作品は「合わせ包み(キャラメル」、オレンジは「斜め包み(デパート)」の応用です。

来年に是非ご活用ください(^^ゞ

|

« 6月のネイル | トップページ | 京都駅で高校バンドフェスティバル »

コメント

そうなんです。おっしゃるとおりです。ラッピングは中身を引き立てるのがお役目なので、命ははかないのです(*^_^*)

そこに手間暇かけて、相手に尽くすことが気持ちを伝えることになるのでしょうか・・・

ビビさん、作ったの!?今から見に行きます(*^_^*)

投稿: 小西あつ子 | 2006/06/02 22:36

ここでの作品を見るたびに、開けるのがもったいなくなっちゃうだろうなぁって思います。
ラッピングって中身を何倍も素敵に見せてくれる効果があるけど、形を留めているのは一瞬で、儚いものですね・・・。

ところで、教えていただいた折り花で、ヘアアクセサリーを作ってみました。ブログにアップしましたので、お時間のあるときに覗いてみてください^^

投稿: ビビ | 2006/06/02 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月のネイル | トップページ | 京都駅で高校バンドフェスティバル »