« 素敵なお宅訪問 | トップページ | 春の庭 »

ドイツワイン リースリング

4月のチーズ教室は、ドイツを代表する白ワイン用品種 リースリングの飲み比べでした。

甘口のイメージがありますが、最近は辛口も作っているらしいですが、やっぱり甘口のほうがチーズには合います。

Cimg1628 Cimg1629 Cimg1627

左 フランスアルザスのリースリング2007(2400円)

中央 ドイツ ラインガウのリースリング2007(2700円)

右 ドイツ リースリング ニアシュタイナー ヒピン シュペートレーゼ2004(3000円)

色でわかると思いますが、左から順に辛口⇒甘口です。

チーズにはやっぱり甘口のワインが合います。

Cimg1625

先月食べれなかった共同学舎の「さくら」(90g682円)です。

桜餅風味の癖のないフレッシュチーズ。(賞味期限内に食べましょう)

桜の葉も敷かれていておもたせにいいかもですね^^

Cimg1626

リースリングに合わせたチーズは

左 共同学舎のラクレット(セミハード100g460円)

中央上 ブルー ド ラクイーユ(フランス青カビ690円)

右 マンステール (フランス ウオッシュ2100円)

中央下 ボーフォール アルパージュ(フランス ハード1280円

<ミニ情報覚書>

●フランスではランチ時間が短くなって平均31分、手軽に食べられるサンドウッチが流行中。

●日本酒ブーム。3割が日本のウイスキー。繊細さがヨーロッパ人の味覚に合う。

●リースリングの発泡酒のお勧めは Sekt(ゼクト)

 

|

« 素敵なお宅訪問 | トップページ | 春の庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 素敵なお宅訪問 | トップページ | 春の庭 »