« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

王道 フランスチーズとブルゴーニュワイン

Cimg2447

Cimg2449

Cimg2450

2010.9.1

| | コメント (0)

フランス ロワール地方の巨匠 ニコラ ジョリーのチーズとワイン

●ニコラ ジョニーはバイオダイナミック(生力学農法)の第一人者。

●フランスの5大白ワインのCOULEE DE SERRANT(クレードセラン)のオーナー。

除草剤や化学肥料を使った畑は昆虫がいなくなり土壌が変質して固くなり、よいブドウができないと気づき、バイオダイナミック農法に取り込むことを決めた。

Cimg2806

<試食したチーズたち>

中央がサンマルスランアフィネ80g1240円→レモンジャムとくっついているフレッシュタイプの北海道のチーズ500g840円→左隣クロタン ドゥ シャヴィニヨル2種(山羊)60g1050円→その上がフォレスト ヒッコリー スモーク100g1050円

<豆知識 覚書>

●牛乳でお腹がゴロゴロなる人もチーズは大丈夫。乳糖不耐症の原因である乳糖はホエーに排出されチーズには残らないため。

●カルシウム・タンパク質を豊富に含んでいる栄養価の高い食品。

●栄養価が1番高いチーズはパルミジャーノレッジャーノ。

●牛乳は85%が水で栄養は25%。チーズは75%栄養。

●チーズの良し悪しは牛乳で決まる。乳牛の良し悪しは餌で決まる。日本はどうしても穀物やトウモロコシになり、新鮮な草を食べさせられていない。

Cimg2808

サン マルスラン アフィネ(アフィネは熟成したの意味)フランス 80g1240円

Cimg2810

↑北海道の脂肪0%のフロマージュ ブラン 500g1050円

Cimg2811

●オレンジラベル=ヴァン ド ターブル 50/50 2,800円(赤)

●白ラベル=クロ クレ ドゥ セラン 2005 10,900円(白)

アルコールが15%と高め。葡萄の糖度が高くないとできない。

Cimg2812

| | コメント (0)

HANA吉兆

10月の京都美味案内は祇園「HANA吉兆」さんでした。

前回は料理研究家真由ちゃん3周年記念パーティーで伺いました。

やはり華やかです^^

お座敷はなぜか宴会バージョンになって、徳岡社長さんや杉井専務さんと撮影大会になってしまいました。

Cimg2828

徳岡社長さんと杉井専務さんを撮る江里さんを撮る私w

Cimg2825_2 Cimg2826_2 Cimg2827

専務さんと江里さん。    徳岡社長さんと。     杉井専務さんと。

みなさんの撮影もさせていただきましたよ~^^

すっかりミーハーな私たち。。。

お料理ももちろん美味しかったです。

プラス徳岡社長さんのお話が色々勉強になりました。

お料理の詳細は江里さんのサイトへ 

Cimg2813

「花屏風」それぞれ違った季節の花が添えられています。

Cimg2814

Cimg2815

秋刀魚・イクラ・葉唐辛子・海老・菊菜・厚焼・衣かつぎ・フォアグラ

Cimg2817

鱧・松茸

Cimg2819

色が悪くてすみません><

鯛・鰹・つぶ貝

Cimg2820

里芋スープ

Cimg2821

サーモン・銀杏はちょっと変わってたな~・海老

Cimg2822

飛龍頭とほうれん草・湯葉の焚き合わせ

Cimg2823

茸ごはんとステーキ

Cimg2824

Cimg2829

お品書きに「ありの実」ってあったので何かな~って思っていたら「梨」でした~

Cimg2830

シロップの瓶。これお醤油差しに欲しいな~

| | コメント (5)

三角形のラッピング

秋のラッピング講座が始まりました!

基礎コースの2期目は三角形・六角形のラッピングから始まります。

案外簡単です^^

Cimg2804

ハート柄なのでバレンタインにも使えますね~

NHK文化センター京都教室の受講生の皆さまありがとうございました^^

新規の方たちも楽しく受講していただけたようでホッとしてます。

次回は10/21です。

お待ちしております。

ラッピング講座随時募集中

| | コメント (0)

草喰なかひがし

満月の日に「草喰なかひがし」さんにお伺いしました。

ご主人は美山荘三代目中東吉次さんの弟さんで中東久雄さんです。

見た感じ頑固おやじな感じがしたのですが、やさしくて駄洒落でお客さんをリラックスさせたりするおもしろいおやじさんでほっとしました。

Cimg2767

雲の隙間からのぞいた満月。

Cimg2763_3 

行きたかったお店です!

誘っていただいてありがとうございました!

お店に着いたらお店の前でお客さんと女将さんが楽しそうに満月を見られてました。

私も一緒混ぜてもらって見てました。

お店に入ると朱色のカウンターと朱色のおくどさんが印象的です。

Cimg2768

中秋のは芋名月とも言うらしく 芋の葉に美しく盛られたお料理がでてきました。

ご主人が丁寧にお盆を持ち上げて「お待たせしました。ようこそ」とご挨拶されて恐縮しましたがうれしかったです。

Cimg2770

Cimg2771

おくどさんで炊いたご飯は三度プレゼンされます。

まずは煮えばなを。

「赤子泣いても蓋取るな。と言われてますが」とおもしろくお話しされながら^^ 

Cimg2772

白味噌のお味噌汁はほっこりします。

Cimg2773

落花生のゆがいたんはほんのり塩味。

生落花生をもらうことがあるので、調理方法を聞きました。

塩水でゆがくだけらしいのですが。

Cimg2774

子持ち鮎。

Cimg2775

鯉をお醤油の上澄みのムースで。

Cimg2776

熱燗のお銚子がかわいい。

Cimg2777

鰻の入ったお椀。松茸の香りが秋ですね~。

Cimg2779

鮎のテリーヌ。

Cimg2780

お野菜の炊いたん。

Cimg2781

Cimg2783

おいしく炊けたご飯とめざしとお漬物と・・・

日本人の原点のような^^

ご飯の最後のプレゼンはおこげをいただかなくてはいけないのに、お腹がいっぱいで><

でもおいしそうだったのでお隣の真由ちゃんのを一口いただいてしましました~

Cimg2784

絵画のようなデザート。

Cimg2785

水だし珈琲。

以上お酒少々頂いて1万円ちょっとでした。

夜でお酒もいただいてかなり満足な感じです。

お料理の詳細はご一緒させていただいたスーパーグルメライター関谷江里さんのサイトでご覧ください。

京の料理研究家小宮真由さん とお忙しいお二人とのガールズトークもおいしかったです!

ごちそうさまでした^^

| | コメント (2)

鳴門パークヒルズ ホテルリッジ(食事朝食編)

ホテルリッジ宿泊レポートの続きです。

和室編お風呂編食事ディナー編に引き続き最終回は朝食を紹介します。

場所はディナーと同じ「ダイニング」です。

朝の光が清々しいです。

リムジンの送迎を断って遊歩道を歩きました。

そんなに距離は無く朝の散歩にちょうど良い距離です。

Cimg2641

楽しい前菜です。テンションあがります。

12皿ですが小さい(盃サイズ)ので朝からでも大丈夫です。

Cimg2633

Cimg2636

Cimg2637

おいしいと言ってだんなさまはおかわりしてました。シジミのお味噌汁。

Cimg2638

鯛の姿焼(アングル悪いです><)ひとり1尾!小さめですが食べきれませんでした。

Cimg2639

Cimg2642

鯛のお料理の数々がディナーともに色々出てきて、さすが鳴門と思わせます。

贅沢な朝食でした。

サービスしていただいてた方が釣好きで、うちのだんなさまと延々と喜々として話してました。(私たちがラストだったので)

鳴門は釣天国ですね~移住させられるかもw

そんなこともあり、二人ともお気に入りのホテルになりました。

今度は洋室に泊まってみたいです。

| | コメント (2)

鳴門パークヒルズ ホテルリッジ(食事ディナー編)

ホテルリッジ宿泊レポートの続きです。

和室編お風呂編に引き続き今回は食事を紹介します。

ホテルリッジで1番の楽しみはなんと言っても、「古今青柳」の小山裕久氏プロデュースの創作料理が食べれること。

本店をこちらに引っ越してこられたそうです。

敷地内には「古今青柳」がありますので、青柳のお料理を食べたい人は、宿泊を1泊朝食だけにして別予約することになります。(21,000円~)

迷ったのですが、このホテルを紹介してくれたエリー会のMさんが「フレンチおいしかったよ~」って言っていたので素直に1泊2食で予約しました。

フレンチよかったです^^

食事は昭和初期に建てられた文化財を移築したダイニングとよばれる建物でいただきます。

Cimg2643

部屋にリムジンが迎えに来て連れて行ってくれます。

予約しておいた時間あたりに外へ出ると待機してくれています。

ピンポンとかでせかされることはなく、じっと待機してくれてます。

夜は真っ暗なので素直にリムジンに乗ってください。

朝食の時は遊歩道を歩いて行くのもいいですよ。

Cimg2649

リムジンは新婚旅行以来・・・

Cimg2579

和室にテーブルと椅子というスタイルです。

ここで初めて他のお客さんと顔を合わせることになります。

2名が基本なので大勢で騒ぐということは無く、まったりと食事ができます。

平日だったので私達の他にご夫婦らしきカップル、おしゃれな母娘、独身女子らしきひとり旅な人(取材かも)。

サービスしていただく方との会話を楽しんでいました。

こちらのスタッフの方はみなさん感じ良かったです。

お魚をメインにしたコースです。

おいしかったです!

Cimg2581

Cimg2585

Cimg2586

Cimg2587

Cimg2589

Cimg2590

Cimg2591

Cimg2594

Cimg2595

Cimg2597

食後のエスプレッソと一緒にでてきた砂糖菓子。

軽くておいしかったのだけどおなかいっぱいで「部屋で食べたいので」と言ったら袋に入れてくれました。

しっかり古今青柳のシールが^^そして量も増えてました~

Cimg2608

いよいよ次回はホテルリッジ最終回!食事朝食編に続きます・・・ 

| | コメント (2)

鳴門パークヒルズ ホテルリッジ(お風呂編)

ホテルリッジ宿泊レポートの続きです。

前回は和室編で部屋を紹介しました。

ホテルリッジには天然温泉鳴門島田島温泉かけ流しのスパと呼ばれる大浴場があります。

規模からしたら中浴場かな~

宿泊数が少ないので大浴場だと寒々しすぎますね。

まずはスパ棟の入り口。

Cimg2553

ここのフラワーアレンジ担当の方のセンスは好きです。

どなたなんだろう?

エレベーターで上にあがります。

Cimg2555

受付のテーブルにもかわいいお花のアレンジが。

受付は一応あるのですが、誰もいません。気楽です。

私ひとりだったのでお風呂も撮影させていただきました。

まずは脱衣室。

Cimg2628   

Cimg2629

素敵なんですが、洗面ボールの手前がちょっと高いかな~。

ホテルリッジのサニタリー関係に思うには、デザイン重視な感じがしました。

それが日常とは違う体験ができて良いのかもしれません。

だから使い勝手を追求してはいけませんね。

Cimg2558

Cimg2562

  屋内と屋外に浴槽があります。ガラス張りです。

Cimg2559_2

Cimg2561

お湯は有馬温泉と同じような成分らしいです。

鉄分豊富な感じでした。お肌はツルツルになります^^

お風呂を上がるとくつろぎスペースでくつろぎます。

Cimg2627

ここの冷蔵庫にはポカリスエットとかクリスタルガイザーとかクールマイヨールが入ってて飲み放題です。

おしゃれな感じの雑誌も置いてますので、明るい部屋でゆっくりするのもいいですね。

下の階にエステサロンがあります。

部屋のお風呂も外の景色が見えるので、朝にお湯を入れてみました。

Cimg2606

お風呂の床はタイル1枚貼り!

水回り関係は大浴場もそうでしたが、すべてタイル使いです。

お風呂も窓からは朝の景色がすがすがしいです。

Cimg2620

Cimg2616

ちょっと盗撮してみました^^;

次回はいよいよ食事編です~

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »