« 2019年2月 | トップページ | 2021年8月 »

コロナワクチン接種1回目の翌日

コロナワクチン接種の翌日に副反応が出ることが多いと聞いていたので心配でしたが、出ませんでした〜

接種した所は押さえると痛いですが、押さえないと痛くないです。

若くないから熱がでなかったのかも(笑)

32才の息子は高熱でました。

対策としてはイオンウォーターを接種前後に飲んだことと、安静にしていたこと。

それと接種の時に腕の力を抜くこと。

ファイザーなので2回目は3週間後です。

| | コメント (0)

コロナワクチン接種1回目

肺がん手術後2ヶ月半が過ぎて痛みはほぼ無くなったけれど、息苦しさはあり咳も残っている中、コロナワクチンを接種しても大丈夫かな〜って迷ってました。

主治医からは接種しても良いと言われていたけど。

市のコロナワクチン接種のwebで近くの診療所を検索したら、今だからかすぐに予約できそうだったので思いきって予約して本日朝一番の9時に接種してきました。

診療所の先生に「5月に肺がんの手術したのですが大丈夫ですか?」って聞いたら「なおさら打った方が良い」と言われました。

今の私がコロナに感染したら大変な事になるのだろうな〜

接種して10時間経ちました。

今のところ腕が少し痛いくらいの症状ですが、翌日に副反応が出ることが多いのでちょっとまだ心配です。

| | コメント (0)

肺がんになりました3 入院準備

入院準備

入院までにコロナに感染すると手術できないので外出は控える

美容院もマツエクも行けない。どのみちマツエクやネイルは除去してくださいの案内があった。

「入院のご案内」の冊子を何度も読む。

Dsc_1704

コロナでお見舞い禁止なので洗濯を家族にしてもらうことは難しく、なるべく多くタオルや下着を持ってくるように言われた。

2週間くらいの入院の予定なので10枚くらい用意した。(タンクトップ、パンツ、靴下)

パジャマはレンタル。100円×入院日数

毎日着替えるわけではなく、必要なときな交換してもらう。

手術前はお風呂や洗面所で簡単に洗濯して病室のロッカーの陰に干したりしていた。

ベッドの柵に掛けられるカゴは便利。セリアに売っていた。スマホとかウエットティッシュとか筆記用具などを入れていた。

Dsc_1703

(2021年5月)

| | コメント (0)

肺がんになりました2 入院前検査

手術のための検査色々

〇診察当日にレントゲン、採血、心電図

〇頭のMRI造影剤(MRIは何度か経験あるが造影剤打つのは初めて、特に副反応は無く良かった~

〇造影CT(造影剤打つと体がジワ~と熱くなった。副反応なく大丈夫

〇肺機能検査(吸ったり吐いたりして数値を記録

〇PET-CT(初めての経験。放射性物質をつけた薬剤を静脈注射する。活性化しているところが光るみたい。ペットボトルの水500mlを検査までに飲み切る。待機時間とか決まっていて個室で座って待つ(50分)長かった~

〇心臓超音波検査

頭はいつも活性しているのでPETでは調べにくいので造影剤のMRIの検査が必要らしい。じっとしているのが苦手なのでMRIは苦手。

待ち時間に病院を徘徊していたら、「肺がん」の冊子をみつけた。何回も繰り返し読んだ。

すぐに入院できそうだったけれど、GW後に変更してもらった。

Dsc_1701-1

(2021年4月)

| | コメント (0)

肺がんになりました1 がん検診でみつかる

1年前のがん検診で肺の要検査の結果をもらい、CT検査で右肺に小さな腫瘍がみつかった

1cm未満だったのでしばらく経過観察で3か月に1度CT検査で様子をみていたが、1年後「少し大きくなってきてるのでガンかもしれないが、できているところが手術でしか調べられない場所」と言われ「肺がん疑い」で手術をすることになった。

手術で組織を採取し、すぐに病理検査をし良性なら腫瘍だけを取る。悪性なら腫瘍ができている右肺上葉ごと切除、肺の5分の1を取る。

手術時間は良性なら2時間くらい、ガンだったら4時間くらい。と、説明を受ける。

手術は今まで高校生になったばかりのころに虫垂炎。30代で子宮筋腫の手術を2回。術後すごく痛かったな~って思いだしたりして「あと20年くらい生きられたらいいんですけど」と先生に言ったら「手術しなかったら20年は無理」って言われた。

どんな質問にも丁寧に答えてくれる感じの良い先生だった。

手術するしかないか~良性だったら手術損だけど と、この時点ではきっと良性だと思っていた。

(2021年3月)

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2021年8月 »